コラーゲンって効くの?

コラーゲンって効果が無いのでしょうか?
飲むコラーゲンドリンクや、サプリメントなど色々な商品が売られていますが、医学的に見るとあまり効果が無いとも言われているようです。その真相を調べてみました。
確かに口から摂取したコラーゲンは、アミノ酸へ一度分解されてから吸収されるため、本当にコラーゲンとして利用されるかは疑問の声が上がっています。コラーゲンはたんぱく質の一種で、吸収するためにはアミノ酸という最小単位まで分解しなければなりません。アミノ酸はコラーゲンとしても再合成されますが、他のたんぱく質にも合成されてしまうため、全てが肌のためのコラーゲンには使われないと言われています。コラーゲン商品は医学的に見たとき、疑問が発生してしまうわけですね。
ただし、アミノ酸と言ってもコラーゲンとしてだけ合成されるタイプがあり、より肌のコラーゲンとなりやすいよう配合している商品もあります。コラーゲンサプリやドリンクを口から入れると、翌日肌がパンパンになるという声があるのはこのためです。また、低分子コラーゲンを配合し吸収を高めて美容効果を得られる商品も有ります。一概に美容効果が無いとは言えないのでしょう。直ぐに肌のためのコラーゲンとして働くかは微妙ですが、摂りつづければ効果を感じている方は実際に居ることは事実です。

Copyright(c) コラーゲンの効果について. All Rights Reserved.